SCORE CARDBACK NUMBER

メンフィス大会4連覇達成。錦織が見せた26歳の覚悟。~トップ選手がいない大会を「当たり前に勝つ」こと~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/03/03 06:00

メンフィス大会4連覇達成。錦織が見せた26歳の覚悟。~トップ選手がいない大会を「当たり前に勝つ」こと~<Number Web> photograph by AFLO

堂々の第1シードで大会に臨んだ錦織は大会初の4連覇達成。4度の優勝は大会最多タイ。

 因縁めいた話が好きなのは取材記者の習い性だ。錦織圭がメンフィス大会決勝で米国の18歳テーラー・フリッツと戦うと決まった時には、錦織当人が18歳でツアー初優勝した'08年の米国デルレイビーチ大会を思い出さずにはいられなかった。フリッツが優勝すれば、8年前の錦織がそうであったように一躍ツアーの新星に飛躍する――立ち上がり、錦織が0-3と劣勢になった時には、そんな妄想が頭をもたげようとした。

 試合開始からの14ポイントのうち錦織が奪ったのはわずか2ポイント。若者には怖いものなしの勢いがあった。試合後、錦織は「昨夜から重圧が出てきてよく眠れなかった」と話している。どうやら8年前との類似に気づいてしまったらしい。18歳のシンデレラボーイが上位に挑む構図は同じだが、立場は逆。負けられないという思いが硬さを招いたのか。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

錦織圭

テニスの前後のコラム

ページトップ