Doスポーツの偉いヒト!!BACK NUMBER

<マラソン>満を持して! 歴史街道丹後100kmウルトラマラソンに出場してみた。(後編) 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2012/11/19 06:00

<マラソン>満を持して! 歴史街道丹後100kmウルトラマラソンに出場してみた。(後編)<Number Web> photograph by Sports Graphic Number
 ランニングを始めて約1年で100kmマラソンに挑戦した吉崎氏。
 16.6km地点ですでに2時間40分。制限時間内に完走できるのだろうか?

 オレはかなりの危機に瀕していた。

 かねてから宣言してきた「100kmマラソン完走のついでにフルマラソン4時間切り」。本番の9月16日、歴史街道丹後100kmウルトラマラソンのレース中のことだ。

 30km手前でいきなり足切りのピンチに。4時間10分通過が必須のところを……16.6km地点で2時間40分が経過していた。

 苦境に立ち、ウェストバッグからiPodを取り出した。オレは自分の特殊な体質を熟知している。KARAの「ジャンピン」を聞くと、どんな状況でもスイッチが入る。実際に18kmから23kmまで、すべてキロ6分強で走れた。そこまでの山道では、12分かかっていたのだが!

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1283文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界は日本をどう見たか。~ザックジャパン 2014年への中間決算~

陸上の前後の記事

ページトップ