ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

人生の苦渋と情愛に満ちた、人と動物が織り成す短編集。~67歳でトド撃ちを続ける不屈の老猟師~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2017/03/12 17:00

人生の苦渋と情愛に満ちた、人と動物が織り成す短編集。~67歳でトド撃ちを続ける不屈の老猟師~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『海馬(とど)』吉村昭著 新潮文庫 550円+税

 歴史文学、記録文学において独自の地位を築いた著者には動物を扱った一連の作品がある。代表作は長編『羆嵐』。しかし、5冊ある動物短編集も、そのどれもが読書の楽しみを満喫させてくれる。選択に迷うが、珍しいトド撃ちを扱った表題作を収めた本書を選んだ。

 トドの雄には体重が1トンを超えるものもいる。日本で観られる最大級の巨獣を雪と流氷の海で追う。舞台は知床半島の羅臼の町。60歳が限度のトド撃ちを67歳で続けている老人がいる。老人は町を捨て上京し、夢破れて戻ってきた孫娘を家に入れようとしない頑固な一面を持つ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

吉村昭

他競技の前後のコラム

ページトップ