ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

文豪と犬一匹が出会った、「真のアメリカ」の姿とは。~『チャーリーとの旅』を読む~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/10/06 07:00

文豪と犬一匹が出会った、「真のアメリカ」の姿とは。~『チャーリーとの旅』を読む~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『チャーリーとの旅』ジョン・スタインベック著 大前正臣訳 サイマル出版会(現在絶版)

 アメリカの事を書きながら、長い間自分の国に触れてこなかった。記憶だけで書いてきたのは作家として「犯罪的行為」だ。そう考えた作家は車に乗って“アメリカ再発見”の一人旅を決行する。小型トラックをキャンピング・カーに改造してドン・キホーテの愛馬と同じ「ロシナンテ」号と名付けた。お供はサンチョ・パンサならぬ青毛の老プードル犬「チャーリー」だ。1960年9月ニューヨークを出発した旅は、反時計回りにアメリカを一周、38州、行程1万6000km余を4カ月で走った。

 大都市は避けた。小さな町、田舎、森林地帯、草原、荒れ地で“草の根のアメリカ人”に出会い、その姿と生の声にアメリカの姿を求めた。体調を崩したチャーリーをいい加減な診断で扱う獣医もいれば、親身になって治療する獣医もいた。規則の杓子定規で作家を不快にする税関吏もいれば、親切に道案内してくれる警官もいる。行きずりに言葉を交わした人々の姿、性格までもが簡潔な描写なのに生き生きと迫ってくる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 432文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<サッカー欧州組総力特集>俺が変われば日本は変わる。

他競技の前後の記事

ページトップ