野球のぼせもんBACK NUMBER

高校閉校、大学中退、26歳でドラ7。
ホークス奥村政稔は攝津正の再来か。 

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph byKoutaro Tajiri

posted2019/01/16 11:30

高校閉校、大学中退、26歳でドラ7。ホークス奥村政稔は攝津正の再来か。<Number Web> photograph by Koutaro Tajiri

ソフトバンク入団会見で「30試合」登板、防御率「2点台」という目標を掲げた奥村政稔。

九州男児の憧れホークス。

 今月9日からホークス新人合同自主トレが始まっており、奥村も遥かに年下の同期たちとともにプロ野球選手生活を本格始動させた。すでにブルペンにも複数回入っている。

 また、その2日前には若鷹寮への入寮も済ませた。たとえルーキーでも家族持ちの選手は寮暮らしを免除されるのだが、「流れを掴むには寮で暮らすのがいいから」と、まだしばらくは単身赴任生活が続く。それについても家族は後押ししてくれた。

 九州男児の奥村にとってホークスは「小さな頃から大好きな球団だった」。プロ野球選手になるのも夢だった。

 それは、片想いではなかった。ホークスの福山龍太郎アマスカウトチーフはかつて九州担当だった'08年に奥村の投球を視察したことがある。当時まだ中津商高の1年生だった頃だ。以来10年にわたり、ずっとマークはし続けていた。

「年齢が年齢ですから」

 奥村は想いを実らせた。しかし、これからが大変だ。プロ野球は、球団の方から望まれなければプレーをする機会を失ってしまう世界だ。

「年齢が年齢ですから、1年目から勝負です」

 同じ26歳で入団した攝津は70試合、39ホールドポイントを記録して新人王と最優秀中継ぎ投手賞に輝いた。また、ホークスでは'04年ドラフト7位で入団した三瀬幸司もオールドルーキーで活躍した代表例だ。1年目に28セーブを挙げてタイトルを獲得。最優秀バッテリー賞も受賞した。三瀬は28歳でのプロ入りだった。

 歴史は回る――のか。

 奥村のドラフト指名を知った瞬間に、過去の2人の活躍を思い出してずっと頭の中に残っている。シーズンが終わる秋、どんな答えを示してくれるのか。そして投げっぷりの良さとは如何ほどなのか。まずは春季キャンプでそのお手並みを拝見するのをとても楽しみにしている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福岡ソフトバンクホークス
奥村政稔
攝津正

プロ野球の前後のコラム

ページトップ