格闘技PRESSBACK NUMBER

人生に効く「棚橋弘至のプロレス」。
1.4東京ドームで私達は何を目撃する? 

text by

行成薫

行成薫Kaoru Yukinari

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2019/01/03 10:00

人生に効く「棚橋弘至のプロレス」。1.4東京ドームで私達は何を目撃する?<Number Web> photograph by Essei Hara

IWGPヘビー級タイトル8度目の戴冠を目指す棚橋弘至。膝の調子も良いらしく、約3年ぶりの返り咲きを狙う。

新しい「新日スタイル」誕生か!

 イッテンヨン、IWGPヘビー級選手権試合。

 この試合は新旧イデオロギー対決などではない。

 きっと、これからのプロレスの価値とはなんなのか、という問いに対する、現時点での新日本プロレスからの回答そのものなのである。棚橋とケニー、2人の相反するプロレスがミックスアップしたとき、新しい「新日スタイル」が生まれるに違いない。

 長い夜を超えたライジングサンと、天頂で輝き続けるトップスター。

 2つの光がぶつかることでどれほどのビッグバンが起こるのか、今はまだ想像もつかない。だが、どちらが勝っても、プロレス史に残る試合になることは間違いないだろう。今はただ、「刻が来る」のを待つとしよう。

作家・行成薫による、プロレスラーの「どん底からの挑戦」を描いた青春小説『ストロング・スタイル』。『1976年のアントニオ猪木』等で著名なノンフィクション作家・柳澤健氏が「想像を超えるフィニッシュだ」と絶賛した力作です。ぜひご一読下さい!
『ストロング・スタイル』

「Amazon」で購入

文藝春秋BOOKS

『ストロング・スタイル』

プロレスラーの「どん底からの挑戦」を描いた青春人情小説。
「強さとは何か」父母や友人らの言葉を得て、二人のレスラーが、たどりついた「答え」とは。

『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』の著者
柳澤 健 氏、絶賛の人間ドラマ!

<本体1,700円+税/行成薫・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

棚橋弘至
ケニー・オメガ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ