格闘技PRESSBACK NUMBER

人生に効く「棚橋弘至のプロレス」。
1.4東京ドームで私達は何を目撃する? 

text by

行成薫

行成薫Kaoru Yukinari

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2019/01/03 10:00

人生に効く「棚橋弘至のプロレス」。1.4東京ドームで私達は何を目撃する?<Number Web> photograph by Essei Hara

IWGPヘビー級タイトル8度目の戴冠を目指す棚橋弘至。膝の調子も良いらしく、約3年ぶりの返り咲きを狙う。

輝き続ける一番星のケニー。

 何度もケガで挫折をしながら這いあがってきた棚橋のプロレスには、ケニーのそれとはまた違う「強さ」が宿っているように思う。もちろん、ケニーが順風満帆なレスラー人生を送ってきたわけではないことは知っているが、それでもケニーはまだ、トップから転落するという挫折を味わったことがない。

 今のケニーを形作っているのは、自分こそナンバーワンであるという強烈なプライドと自信だ。負け試合ももちろんあるが、基本的にケニーは倒れない王者であり、輝き続ける一番星である。

「強さとは何か?」を考える試合に。

 もしかしたらケニーは、なぜ自分より棚橋を支持する人がいるのか不思議に思っているかもしれない。

 だが、力道山やBI砲の時代から連綿と受け継がれてきた日本のプロレスの本質はそこにある。「強さ」とはレスラーの身体能力や筋力から感じ取るものではなく、何度倒れても立ち上がろうとする意志から感じるものなのだ。相手がどれほど強くても、自分の体が思い通り動かなくても、諦めずに立ち向かっていく。その生き様が観客を魅了し、共感を与える。挫折を経験した我々の人生の延長線上にレスラーがいるからこそ、何度も立ち上がる強さに感動するのだ。

 棚橋のプロレスと真っ向から対峙してみて、ケニーは「強さとは何か?」ということを考えることになるかもしれない。

 新日本の、そして日本プロレス界における真のトップレスラーとなるために、ケニーは棚橋の「強さ」を感じ取るべきなのではないかと思う。

【次ページ】 新しい「新日スタイル」誕生か!

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

棚橋弘至
ケニー・オメガ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ