JリーグPRESSBACK NUMBER

梁勇基が葛藤する仙台愛と出場機会。
中村憲剛の一言にも心を動かされ。 

text by

杉園昌之

杉園昌之Masayuki Sugizono

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/12/28 08:00

梁勇基が葛藤する仙台愛と出場機会。中村憲剛の一言にも心を動かされ。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

仙台のバンディエラ、梁勇基。彼がどんな決断をしても、誰もそれを責めることはできないはずだ。

仙台でタイトルが欲しい、しかし。

 複数年契約の最終年が終わり、シーズンオフは体を休めて、一度頭をしっかり整理して考えるという。すでに仙台から誠意ある契約更新の提示を受けているが、締め切り時点(12月21日時点)ではまだサインはしていない。簡単に出せる答えではないのだろう。

 初々しさが残る22歳で黄色のユニフォームに袖を通し、J2時代はJ1昇格だけを目指して254試合も費やした。それだけにいまJ1で戦い続ける仙台への思い入れは強い。

「このクラブでタイトルがほしい。それが一番の望み」

 こう話していたのはちょうど1年半前。しみじみと話す言葉には、クラブへの深い愛情がにじみ出ていた。一方で、プロフットボーラーとしてのプライドも隠そうとしない。

 '19年1月7日には37歳を迎える。静かに闘志を燃やす男のモチベーションは、高まるばかり。新シーズンも結果を求めて、もがき続ける。

関連記事

BACK 1 2 3
梁勇基
ベガルタ仙台
中村憲剛

Jリーグの前後の記事

ページトップ