ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

松山英樹の誤球騒動と895万円。
それでも当事者と後輩が得たもの。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byYoichi Katsuragawa

posted2018/11/23 09:00

松山英樹の誤球騒動と895万円。それでも当事者と後輩が得たもの。<Number Web> photograph by Yoichi Katsuragawa

松山英樹(右)とは大学時代の先輩・後輩の関係に当たる比嘉一貴。

2人が出会ったのは6年前の秋。

 比嘉は松山が目をかけている後輩のひとり。ダンロップフェニックスも開幕2日前に練習ラウンドをともにした。

「出場が決まってすぐ、電話がかかってきたんです。一緒に回ろうって」

 誘いを断るわけもない。

「松山さんは覚えているか分からないですけど」

 彼らの出会いは6年前の秋、沖縄・那覇GCで行われた日本オープンでのことだった。松山は当時まだアマチュアながら、その1年前にツアー優勝を果たし、2年続けてマスターズにも出場していた。

 当時高校2年生の比嘉が練習場で打ち込んでいたときだった。沖縄のゴルフ場に多いティフトン芝は、松山は今でこそ米国で接する機会が多くなったが、日本でプレーしていた時代は不慣れだった。

「どうやって打つの?」

 沖縄で生まれ育った比嘉だと分かるなり、「どうやって打つの? 教えてよ!」と声をかけてきたという。

「(自分は)いやいや、いやいや……って感じですよ。松山さんはもちろん、僕たちにとってはスーパースターだった」

 大学進学後は付き合いがより深くなった。ただそのたびに、先輩の実力を肌で感じることも多くなった。

 比嘉は「僕は松山さんが今、本調子じゃないのを分かっている」と言う。忘れられない衝撃がある。'16年の三井住友VISA太平洋マスターズ。松山はその直前、中国での世界選手権シリーズを制したばかりで、世界を席巻していた時期だった。

 予選同組でプレーした先輩は、最終的に2位に7打差をつけて圧勝。比嘉は「あそこま行かないといけないんだ」と驚愕したのと同時に、「あれでも世界一になれないのかという感覚がありました。松山さんは(世界ランクで)2位まで行きましたけど、あれよりヤバイやつがいるのかよ……って」と遠い目で世界の果てを想像を巡らせた。

【次ページ】 若手にとって松山は大きな存在。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松山英樹
比嘉一貴
星野陸也

ゴルフの前後のコラム

ページトップ