フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

NHK杯制しファイナル決めた宇野昌磨。
露のベテラン、伊の若手も躍進! 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/11/12 17:00

NHK杯制しファイナル決めた宇野昌磨。露のベテラン、伊の若手も躍進!<Number Web> photograph by Asami Enomoto

左から、ロシアのベテラン、セルゲイ・ヴォロノフ(31歳)、宇野昌磨(20歳)、イタリアの新鋭マッテオ・リッツォ(20歳)。

日本の山本は6位、佐藤が10位に。

 NHK杯初挑戦の山本草太は、SPは『G線上のアリア』のメロディにのり、きれいな3アクセルから演技を開始。軸のきれいなコンビネーションスピンなどを見せていたが、3ルッツの着氷で片手をついて続いたトウループが2回転に。74.98で6位スタートになった。

 フリー『信長協奏曲』では、出だしのアクセルが一回転半になってしまったが、次の3アクセルは成功。3ルッツ+3トウループ、3フリップなどにつなげて降りていった。ルッツで誤ったエッジでの判定がつくなど細かいミスもあったが、身体を大きく使った切れ味の良い振付で観客を魅了し、総合213.40で6位となった。

 昨シーズンに続いて2度目の挑戦だった佐藤洸彬は、フリーの冒頭で4トウループ、3アクセル+2トウループと快調なスタートをきったが、後半の3度の転倒が響いて総合10位だった。

今季の男子はベテラン勢が健闘。

 GP第4戦目を終えて、今シーズンの男子はベテラン勢の健闘が続いている。スケートアメリカとヘルシンキ大会で2位になったチェコのミハル・ブレジナ、スケートカナダで2位だったキーガン・メッシング、アメリカ3位、本大会2位だったセルゲイ・ボロノフなど、いずれもGPファイナル進出の可能性がある。

 その一方で、今季あたりあがってくるだろうと予想されたドミトリー・アリエフ、ビンセント・ゾウ、そして中国のボーヤン・ジンなど期待されている若手たちは苦戦している。

 残り2戦でどのような展開が待っているのか、楽しみである。

関連コラム

BACK 1 2 3
宇野昌磨
マッテオ・リッツォ
ヴィンセント・ジョー
山本草太
佐藤洸彬
セルゲイ・ボロノフ

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ