Number ExBACK NUMBER

体重2.8kg減、ザック重量5.1kg減。
TJAR「無補給」の末に見えたもの。 

text by

千葉弓子

千葉弓子Yumiko Chiba

PROFILE

photograph bySho Fujimaki

posted2018/08/25 17:00

体重2.8kg減、ザック重量5.1kg減。TJAR「無補給」の末に見えたもの。<Number Web> photograph by Sho Fujimaki

日本一過酷といわれる山岳レースTJARを走り終えてこの表情。望月将悟はその瞬間をどういう心境で迎えていたのだろうか。

なんということだ。心と体が一致しない。

 スタートしてから約30kmのロードを走り、午前3時20分頃、北アルプス・剱岳の登山口である馬場島に辿り着く。

 剱岳へと向かう早月尾根で、望月はすでに自責の念にかられていた。「無補給」という挑戦が体に与える影響について、自分の見込みの甘さを感じ始めていたのだ。そして挑戦のヒントをくれた登山家・花谷泰広に対して申し訳ない気がしていたという。

「最初のロードですでに足の筋肉が悲鳴を上げていました。花谷さんの期待に応えるためにも、余裕があったら先頭を目指して行けるところまで行ってやろうという欲があったんです。でもその気持ちは見事に打ち砕かれました」

 山に入ってからも、とにかく調子がおかしい。足を着こうとしたところに足が着けない。ザックの重さを支える筋肉がいうことを聞かず、思わぬところで足許の石が動いてしまう。意識と体の動きにズレがあるのだ。望月がかつて味わったことのない感覚だった。

「心と体が一致していないんですよ。速く進みたいんだけれど、体がそれについてこない。もっとゆっくり歩かなきゃいけないんだと体に納得させるのに、時間がかかってしまいました」

追われる立場では感じなかったこと。

 走れないなら効率よく歩くべきだと思う自分と、得意の下りや岩場はもっと飛ばせるんじゃないかと考える自分。両極端の心が体を引っ張りあった。心はこれまでの大会のように肉体を追い込もうとする。しかし現実の体はそれに応えることができず、山道で何度もつまずき、何度も足を岩にぶつけた。

「ゴールまでに100回以上は転げたと思う」

 剱岳山頂からの下りの難所「カニのよこばい」で、1時間ほどの渋滞にはまった。TJARの選手10人ほどが同じく立ち往生していたが、渋滞が解消されると彼らはスイスイと下っていく。出場してから負けなし。TJARでは常に追われる立場だった望月にとって、経験したことがないできごとだった。

「自分だけ思うように動けない。取り残されたような気がしました」

 さらに精神的な追い打ちをかけたのが、5箇所設定されている関門時刻との戦いだ。このペースで間に合うのか、不安がよぎる。荷物が重い分、怪我のリスクも高くなるので、この先、何が起こるかわからない。とにかく少しでも時間の余裕をつくろうと必死に前に進んだ。

【次ページ】 「望月さん、よくやってくれた!」

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
望月将悟

他競技の前後のコラム

ページトップ