スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

日大アメフト部で優しさは罪なのか。
「潰せ」と「こいつ」と「坊主頭」。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/05/23 11:20

日大アメフト部で優しさは罪なのか。「潰せ」と「こいつ」と「坊主頭」。<Number Web> photograph by Kyodo News

1人の選手人生が終わり、アメフトという競技のイメージも地に落ちた。この事態を避ける方法はなかったのか。

フェアプレーの根本には愛情がある。

 試合における闘争と、倫理、愛情は並存できる。

 かつてラグビー日本代表、早稲田大学で監督を務めた大西鐡之祐氏は、名著『闘争の倫理』の中で、フェアプレーが生まれる根源を次のように説明している。

「あるプレイ中に何らかの問題が起こるわけですね。そのときそれに見合う行動は、1つは良い行動であり、1つは悪い行動だと思うのですよ。(中略)そういうときに、そういう悪い行動をしたら勝てるかもしれないという判断と、いや、そんなことまでして勝つ必要はない、という自分の正しい判断と、それがここで葛藤する。

 そしてそのときにフェアの方の行動が、アンフェアの方の行動に打ち克って行われた場合に、その行動がフェアであると、こう言われるわけです。だから、そのときに愛情が湧くということは、その選択の根本的なものは愛情だということではないでしょうか。(中略)従ってフェアプレイの根本には愛情がある、ということになりますね」

 会見で宮川選手は「自分の意志に反することはするべきではない」とはっきり言った。

 太平洋戦争を戦い、スポーツにおける倫理の重要性を説いた大西氏の境地に、彼は不幸な形で到達してしまった。

 彼のプレーは、罪に値する。

 しかし、優しさは罪ではない。

 彼の持つ個性であり、日大の指導陣がそれを否定したことが、問題の根源にあった気がしてならない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

宮川泰介
内田正人
井上奨

他競技の前後のコラム

ページトップ