サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ダバディだけが知る本当の「ハリル」。
“鬼才”前日本代表監督との3年間。 

text by

フローラン・ダバディ

フローラン・ダバディFlorent Dabadie

PROFILE

photograph byFlorent Dabadie

posted2018/04/16 10:30

ダバディだけが知る本当の「ハリル」。“鬼才”前日本代表監督との3年間。<Number Web> photograph by Florent Dabadie

お互いを深く理解し合うようになったキッカケの大会、EURO2016の会場にて。

「俺はべンゲル監督より下なのか!」

 私がハリルさんに用意していたホテルはサン=ジェルマン地区のプチホテル。

 対して、べンゲル監督は五つ星のパークハイアットに泊まっていた。

 それを知ったハリルさんに「俺はべンゲル監督より下なのか!」と怒鳴られたのだ。

 もちろん私は理性を持って彼を説得した。私の実家はまさにサン=ジェルマン地区にあり、パリっ子として、こちらが好みだからという主観で選んだんだと。

 しかし、彼のプライドはすごい。

 言い合いのなか、私も初めて冷静さを失って激しく反論したが、突如として彼は黙ってしまった。

“今回の件は流すが、私はヴァイッド(ボスニア語では「唯一の」を意味する名前)だ! 俺をリスペクトしろ”、と暗に示すような重たい空気が漂った。

 確かに、彼はボスニアでは国民的ヒーローであり、フランスでもスーパースターなのだ。

 日本の人たちは、最後までそのオーラを理解しなかったと思う。サッカー文化や教養の違いだろう。

仕事の厳格さと、スタッフにかける圧力と。

 あの衝突以来、2人で喧嘩をすることはなかった。

 お互いを尊敬し合う残り2年間になった。

 そこでは、仕事に対する彼の厳格さと同時に、周りのスタッフにかける半端ない圧力を何度も垣間見た。

 通訳の樋渡群さんはそれに立派に耐えていたが、右腕のジャッキー(・ボヌベー/前日本代表コーチ)さんは喧嘩を重ねた末に疲れてしまった。

【次ページ】 ハリルホジッチは、まさに鬼才だった!

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
ヴァイッド・ハリルホジッチ
フィリップ・トルシエ
アーセン・ベンゲル
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ