オリンピックPRESSBACK NUMBER

寒いと運動能力は落ちる……のか?
冬季競技の選手が戦う過酷な環境。 

text by

増田晶文

増田晶文Masafumi Masuda

PROFILE

photograph byAsami Enomoto/JMPA

posted2018/02/26 08:00

寒いと運動能力は落ちる……のか?冬季競技の選手が戦う過酷な環境。<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

-15℃での開幕式という寒さが話題になったが、その寒さに適応するのも勝負のうちなのだろう。冬季のアスリートは過酷だ。

筋肉で発熱して、脂肪で保温。

 だいたい、ボディビルのコンテストは初夏から始まって、本格的な秋の声が聞こえる頃に終わってしまう。

 ステージにあがるビルダーは、おそらく体脂肪率5%くらいのはず。もし、真冬に試合があるとしたら、選手たちは筋心ともに縮こまってしまうだろう。

 防寒には筋肉だけでなく、皮下脂肪が必要になる。皮下脂肪は体内の熱が放出されるのを防ぐ断熱材をしてくれる。

 力士のように、筋肉は豊富だし脂肪もたっぷりという体型なら、真冬に浴衣と裸足で外出なんて離れ業も可能になるわけだ。

 寒冷仕様のアスリートを目指すなら、しっかり筋肉を鍛えつつ、ちゃっかり脂肪も確保せねば。

 といいつつ、相撲フィジークでは冬季オリンピックのどの競技も戦えまい。身長177cm、体重193kgの千代丸が舞うフィギュアスケートなんて、実現したら案外かわいい? かもしれないけど。

 それに皮下脂肪が厚すぎると、体内が冷えてしまった場合、今度は温まりにくくなる。また、脂肪が血管を圧迫して血行を阻害、老廃物の排出を妨げてしまうことも補足しておこう。

 平昌大会のつぎは北京大会、そのつぎは懐かしや札幌での開催という噂も。しかし、当然ながらいずこも寒~い土地だ。私としては次回、次々回もやっぱり、ぬくぬくとした部屋で応援することとしようか。

 いや、ホノルルあたりにでっかいアリーナをこさえて雪と氷を用意し、桜の咲く季節に開催とあらば、おっとり刀で駆けつけるのも、やぶさかではない。

<平昌五輪直前総力特集>最強のふたり。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ