JリーグPRESSBACK NUMBER

ACLに柏が3年ぶりに帰ってきた!
目を引く伊東純也の“新スタイル”。 

text by

原山裕平

原山裕平Yuhei Harayama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/02/01 07:00

ACLに柏が3年ぶりに帰ってきた!目を引く伊東純也の“新スタイル”。<Number Web> photograph by AFLO

代表にも名前を連ねた伊東純也、運動量、ドリブルに加えて新たなプレースタイルが彼を一段高みに連れていく。

「ハッキリ言って、優勝を狙っています」

 守備陣の安定も特筆すべきだろう。中村航輔、中山雄太、中谷進之介と20代前半の若きトリオが並び立つ柏のゴール前は、ムアントンの反攻をいともたやすく跳ね返した。若いとはいえ、彼らはいずれもレギュラーを掴んで3年目のシーズンとなる。経験に裏打ちされた自信が備わっているように感じられた。

「後ろで耐えてチャンスを待とうと思っていた」と中山が言えば、「要所、要所で守れて相手に流れを渡さなかったのは良かった」と中谷は振り返る。悪い中でも守備から流れを作れるのは、昨季から継続された柏の強みだろう。

「ハッキリ言って、優勝を狙っています。アジアチャンピオンになりたいです。これはクラブとして掲げている目標ですし、こういうチャンスを生かして、アジアチャンピオンになりたい」

 ACLの目標を問われた下平監督は、躊躇なくそう答えた。

 昨年浦和レッズが優勝したことで、アジア制覇は、日本勢にとって再び現実的な目標となっている。柏も高い志を携えてこの大会に臨むだろう。

 もちろんまだ1試合を終えただけであり、予測の立たない面は多い。評価を下すのは早計だ。相手のレベルを考えれば、手放しで喜べる試合でもなかった。それでも若さと勢いに溢れ、一方で成熟度も備わりつつあり、ポジティブな変化も垣間見えた。

 何かを成し遂げるかもしれない。そんな期待を抱かせる柏の初陣だった。

関連記事

BACK 1 2 3
柏レイソル
下平隆宏
伊東純也

Jリーグの前後の記事

ページトップ