話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

イッペイ・シノヅカ22歳の逆輸入。
ロシアと日本、マリノスへの想い。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byGetty Images/J.LEAGUE

posted2017/10/20 07:00

イッペイ・シノヅカ22歳の逆輸入。ロシアと日本、マリノスへの想い。<Number Web> photograph by Getty Images/J.LEAGUE

G大阪戦では藤春廣輝相手に果敢な突破を仕掛けるシーンもあったシノヅカ。日本にいないタイプのアタッカーとなれるか。

「これから帰化申請を考えつつ……」

「ただ……いずれ日本代表に選ばれるような選手になりたいという夢は変わらないです。これから帰化申請も考えつつ、マリノスで個人で打開できる選手になって結果を出しつづけていきたいと思っています」

 5年前、モスクワ市内のレストランでシノヅカを含めて数名で食事をした。大人たちに囲まれる中、周囲に気を配りつつ、遠慮がちに食べていたのが印象的だった。

 日本の優しいマインドを持ちながら顔つきは精悍になり、プレーは海外仕様だ。

 果たして齋藤学不在の右サイドは、「イッペイ・シノヅカ」の指定席になり得るか。

 母親の母国でプロサッカー選手としての歩みを始め、父親の故郷でキャリアを飛躍させようとしている22歳の挑戦が始まった。

<緊急アンケート> Jリーグ史上最高の外国人選手は誰だ? ~雑誌「Number」連動企画~

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イッペイ・シノヅカ
篠塚一平
横浜F・マリノス
スパルタク・モスクワ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ