プロ野球PRESSBACK NUMBER

控えから地道に西武の正捕手争い!
岡田雅利流、若手の人心掌握術。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/07/26 08:00

控えから地道に西武の正捕手争い!岡田雅利流、若手の人心掌握術。<Number Web> photograph by Kyodo News

牧田らを巧みなリードで操る岡田。プロ4年目の今季は5月のロッテ戦で初めて猛打賞も記録した。

銀さんも調子いいですけど、僕だって活躍したい!

「銀さん(炭谷)も調子がいいですし、でも僕だって試合で活躍したい。やはり試合にもっと出ることを目指したいですね。自分の売りは思い切りの良さだと思います。ここまで、試合経験は積ませてもらっていますけど、優勝を決めるような大事な試合でかぶった経験がありません。そういう場面でのリードのミスの怖さを知らないので、それを逆に強みにして大胆なリードをしたい」

 途中出場の機会も増えていることから、「先発捕手がその試合で何をしようとしていたかをくみ取ることも大切」だと語る。

「今後も、こちらのバッテリー対相手打線の対戦成績などを考えて起用していくことになると思います。もちろん結果がすべての世界なので打たれたらダメなんですが、岡田のリードは炭谷にとっても刺激になると思うので、岡田には今のまま、彼らしいプレーをしてほしい」(秋元バッテリーコーチ)

 より多くの出場機会を求めて岡田の奮闘は続く。

関連記事

BACK 1 2 3 4
岡田雅利
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ