セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

1-7大敗にめげない“シンデレラ”。
セリエ弱小クラブ、野心の結末は? 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/04/08 11:30

1-7大敗にめげない“シンデレラ”。セリエ弱小クラブ、野心の結末は?<Number Web> photograph by AFLO

今季セリエAでは26試合で5ゴール、6アシスト(30節終了時点)。アタランタ躍進を支える巨漢FWペターニャは代表にもデビューした。

夏の移籍市場で散ってしまう宿命があるとはいえ。

 残すは8試合。4月はローマとユベントスとの難関2試合が控える一方で、5月半ばにミランを本拠地アトレーティ・アッズーリ・ディターリアで迎え撃つ36節は、EL行きをかけた直接対決の大一番となりそうだ。

 シンデレラの魔法が真夜中に解けてしまうように、育成クラブのチームは、毎年のシーズン後に夏の移籍市場でバラバラに散ってしまうのが宿命だ。

 だからこそ、アタランタの選手たちは「EL出場権獲得」という形に残る勲章を手に入れようとしているのかもしれない。

 ジェノア戦でハットトリックを決めたゴメスの言葉には熱が帯びる。

「『1-7』はきつい結果だったよ。だが他の負けと同じ、ただの1敗だ。俺たちはまだ死んじゃいない」

 今のアタランタに失うものは何もない。失敗から早く立ち直れるのも、怖れを知らず強者に立ち向かえるのも若いチームの特権だ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
アタランタ
ジャンピエロ・ガスペリーニ
アンドレア・ペターニャ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ