ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

30年間マスターズを撮り続けた男。
レンズ越しに見た松山英樹の“芯”。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byYoichi Katsuragawa

posted2017/03/26 07:00

30年間マスターズを撮り続けた男。レンズ越しに見た松山英樹の“芯”。<Number Web> photograph by Yoichi Katsuragawa

ゴルフは、決して瞬間的な動きが多い競技ではない。しかし、カメラマンによって切り取る瞬間は実は全く違うのだ。

松山が18番のフェアウェイを歩く姿は……。

 寡黙でシャイで、まだ25歳の松山が、そんな立ち回りの上手さを備えているか、と言われれば疑問だ。

「でも、彼は自分のプレーで魅せることができる。目が肥えているオーガスタのパトロンに、次のホールも見てみたい、次も……と思わせるプレーが続けば、ヒデキコールだって起こる」

 松山が差し迫った勝利に向け、18番のフェアウェイを歩く姿。そして、グリーンジャケットをまとう姿。しかし実は宮本氏は、まだその瞬間に切り取るべき構図を頭に描いていないという。

「あまり考えないようにしている。想像すると写真を撮れないような気がするんだ。長くやってきたから『こういう時はこうすればいい』という方程式や引き出しは持っている。でも今、そう形作ると、陳腐な写真になってしまう。松山がトップで18番に上がってきた時、自分がどう反応するのか、楽しみたい。広角で撮るのか、望遠で撮るのか、どの光を選ぶのか……。スポーツは本当に何があるか分からない。自分の枠にはめず、目の前のことを受け入れる姿勢を持った方が、『これだ!』と思えるものが撮れるんじゃないかと思う」

 宮本氏はプロゴルフを撮影する傍ら、MLBのオールスターやNFLスーパーボウル、五輪、テニスのメジャーなど他スポーツの会場にも足を運んできた。重要な局面で頼れるのは、経験と研鑽に裏打ちされた本能。一瞬の選択と決断を迫られるスポーツカメラマンの仕事もまた、アスリートと同じ緊張感に満ちている。

 6年前、日本人初のマスターズ・ローアマチュアが誕生した時のような涙は宮本氏の頬を伝うだろうか。

「カメラマンはね、空から航空写真を撮影するときも『高い』という恐怖心がないんです。でも、ファインダーから目を外すと一気に足が震えてくる。だから涙は…カメラを置いたときに溢れるのかな。カメラから目を離さないで、ずっと松山を見ていることにするよ。離すと……大変なことになっちゃうからさ(笑)」

国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!
「ゴルフダイジェスト・オンライン」   http://news.golfdigest.co.jp/

関連記事

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3 4
松山英樹
宮本卓

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ