Jをめぐる冒険BACK NUMBER

俊輔が空けて、誰がそこを使うのか。
ジュビロの「話し合い」が始まった。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/03/02 11:00

俊輔が空けて、誰がそこを使うのか。ジュビロの「話し合い」が始まった。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

ジュビロの攻撃は、加入した中村俊輔が早速司令塔の位置に収まっている。彼のビジョンを共有することは、若手にとっても成長の契機になるはずだ。

俊輔「勝点1以上のものは取れたと思う」

 名波監督が現役だった頃の強く、美しい磐田も、選手各々のサッカーセンスだけで作られたものではなく、徹底的に話し合ってイメージを共有し、それぞれのストロングポイントを引き出し、ウイークポイントを補い合って作り上げられたものだったのだ。

 新天地でのプレーについて「得るものが多い」と語った俊輔は、初陣の価値についてこんな風に語った。

「勝点1以上のものは取れたと思う。でも、全員が共有していないと意味がない。ロッカールームでも話せたので、そういうのを大事にしたいと思う」

 勝点1以上のものとは何なのか。それがピッチの上で表現されるようになれば、俊輔を触媒とした“名波ジュビロ”のサッカーが美しいハーモニーを奏でるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
ジュビロ磐田
中村俊輔
名波浩

Jリーグの前後の記事

ページトップ