フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

平昌五輪会場で『君が代』を流した17歳。
新四大陸女王・三原舞依、強さの秘密。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/02/22 11:35

平昌五輪会場で『君が代』を流した17歳。新四大陸女王・三原舞依、強さの秘密。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

国際大会において総合で200点超えを果たした選手は、安藤美姫、浅田真央、宮原知子に次ぐ4人目という快挙だった。

SPでは、まだ4位スタートだった三原。

 四大陸選手権には、宮原の代わりに第1補欠だった本郷理華を加え、樋口新葉、三原舞依と3人が出場。エースの欠場により優勝は難しくなったが、メダルは取れるだろう……そんな予想の中で開催された五輪テストイベントだった。

 三原のSPはノーミスの演技だったが、惜しいところで4位スタートとなった。

 滑走順が早目だったこと、そしてまだシニア国際試合の1年目ということもあり、5コンポーネンツが今ひとつ伸びなかったためもある。

 だがフリーで三原は確実に表彰台に上がるだろう――そんな予感があったのは、公式練習を見ていたからである。

 どう見ても女子全体の中で、もっとも調子が良いのは三原だった。滑りに勢いがあり、ジャンプの失敗がほとんどない。

 予想通り、フリーに入ってベテランのケイトリン・オズモンド(カナダ)などが崩れていく中で、三原は『シンデレラ』のプログラムをノーミスで滑り切って、見事逆転優勝を果たした。

三原が圧倒的な集中力を身につけることができた理由。

 小学生のころから指導をしてきた中野園子コーチは、三原の最大の長所は集中力だと明かす。

「ここぞというところは集中して、どんな大舞台でもノーミスにしますので、それがすごいなと思います」

 今シーズン、シニア国際試合のデビュー戦だったネーベルホルン杯で優勝。初挑戦のスケートアメリカでは3位に入った。全日本選手権でも本田真凜、本郷理華らを抑えて3位に食い込み、四大陸、世界選手権の代表に選ばれた。

 今大会で優勝したことには驚いたものの、ノーミスで滑ったことそのものは、中野コーチにとって驚きではなかったという。

【次ページ】 日本でのシビアな育成環境が、逆に三原を強くした。

BACK 1 2 3 4 NEXT
三原舞依
宮原知子
浅田真央
本郷理華
樋口新葉
ケイトリン・オズモンド
中野園子
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ