フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

平昌五輪会場で『君が代』を流した17歳。
新四大陸女王・三原舞依、強さの秘密。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/02/22 11:35

平昌五輪会場で『君が代』を流した17歳。新四大陸女王・三原舞依、強さの秘密。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

国際大会において総合で200点超えを果たした選手は、安藤美姫、浅田真央、宮原知子に次ぐ4人目という快挙だった。

「枠取りに貢献したい」と意欲を語る。

 憧れの選手は、浅田真央。

 バンクーバー五輪とソチ五輪の彼女の演技を見て感動し、テレビの前で拍手が止まらなかったという。その浅田は今季怪我で、世界選手権の代表から漏れた。憧れの先輩の代わりに三原自身が、日本の期待を背負って世界に立ち向かう立場にいる。1カ月後には、ヘルシンキでロシアなど欧州勢も含めた世界のトップ選手との戦いが待っているのだ。

「(ここで)自分の目標だった200点を出したのは嬉しいけれど、たまたま1位になれただけ。トップ選手に近づいていくためには、スケート技術など表現の面でもっともっと向上していかないと。安心せずここからが新たなスタートだと思って、もっともっと練習をしていきたいです」と意欲を見せる。

 もう1人の世界選手権代表、樋口新葉はこの大会では本来の実力が見せられず、総合9位に終わった。日本女子の五輪の枠取りが懸念されていた中で、ここで三原がとった金の価値は大きい。

「少しでも宮原さんと一緒に枠取りに貢献できるように、練習していきたいなと思っています」

関連コラム

BACK 1 2 3 4
三原舞依
宮原知子
浅田真央
本郷理華
樋口新葉
ケイトリン・オズモンド
中野園子
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ