Number ExBACK NUMBER

あの伝説の有馬記念から26年……。
今だから話せるオグリキャップ秘話。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTomohiko Hayashi

posted2016/12/15 07:00

あの伝説の有馬記念から26年……。今だから話せるオグリキャップ秘話。<Number Web> photograph by Tomohiko Hayashi

1990年の第35回有馬記念での武豊とオグリキャップ。このレースでは17万人を超える大観衆が押しよせ、中山競馬場の最高入場者数を記録した。

「レースのあやでね。ユタカ君にやられた」

 だが、オグリキャップは敗れた。

 序盤は6番手からレースを進めたが、直線で前方へ進出するための進路を確保することができず、加速が遅れたのだ。猛烈に追い込んだが、結果、先に抜け出したスーパークリークを交わすことができずクビ差2着に敗れた。

「運がないのかレースのあやでね。ユタカ君にやられた。ポケットに入っちゃって。(一度進路を)下げてから、また伸びてきて。最後はクビ差か。それも実力のうちだと思うけど、あれは今でも一番悔しい……」

 だが、この天皇賞の敗戦から続くGIレースでの快走がオグリキャップの「怪物伝説」を決定的なものにする。次走マイルCSでは今度は武豊騎乗のバンブーメモリーをハナ差きっちり差し切り、GI2勝目をあげる。

「オグリは(笠松時代にダートで連勝した実績があるが)どちらかというとダートより芝のほうが走ったと思う。マイルは一度も負けていない。血統から見てもマイルが一番強かったと思うよ」

 さらに連闘で挑んだジャパンカップは、ニュージーランドのホーリックスとの目の覚めるような叩き合いの末、クビ差の2着。タイムは当時の世界レコード(2分22秒2)。GIを連闘するだけで異例なのに、これほどの激走を見せたことがより評価を高めた。

「持って生まれた勝負根性というかな。人間でもいるでしょ、負けず嫌いな性格というか。でもレースでは決してかからない。騎手にとっても非常に扱いやすい馬で、とても利口でした」

武豊を背に、オグリキャップが有馬記念で奇跡を起こす!

 さすがに疲れも見えたのか、再びの3強対決となった有馬記念はイナリワンの5着と敗れたが、その1年後の有馬記念でオグリキャップは、スーパークリークで自身を負かしたジョッキー武豊を背に「奇跡」を起こす。

「有馬記念をユタカ君に乗ってもらうというのは、自然とそうなった。彼が乗って負けたらしょうがないと」

 瀬戸口が振り返る口ぶりは、どこかあの天皇賞・秋の悔しさを思い出しているようでもあった。

Number917・918号「夢の有馬記念」では、「オグリキャップ&武豊『26年目のオグリコール』」を掲載。瀬戸口氏や武豊騎手ら当時の関係者8人を徹底取材。あの日中山競馬場で起きたことについて、今だから話せるエピソードに迫っています。オグリキャップのラストランの奇跡については、是非本誌をお読みください。
夢の有馬記念Dream Race 1990-2016

Sports Graphic Number 917・918

夢の有馬記念
Dream Race 1990-2016

 

関連記事

BACK 1 2 3
瀬戸口勉
武豊
岡部幸雄
オグリキャップ
タマモクロス
スーパークリーク
ホーリックス
バンブーメモリー
イナリワン
ハイセイコー

競馬の前後の記事

ページトップ