バスケットボールPRESSBACK NUMBER

“Bリーグ版カープ女子”を目指せ!
千葉ジェッツの企画仕掛人は大学生。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/12/02 12:00

“Bリーグ版カープ女子”を目指せ!千葉ジェッツの企画仕掛人は大学生。<Number Web> photograph by AFLO

千葉ジェッツの看板選手・富樫(右)。田臥勇太との対決も話題になった中で、チームのユニークな取り組みにも注目が集まる。

ジェッツのスタッフが講師となって一緒に企画。

 今回の企画の運営について、ジェッツの代表取締役を務める島田慎二はこう語る。

「千葉商科大学はうちをスポンサードしてくださっているわけですが、この大学にはサービス創造学部という、日本でも珍しい学部があるんですよ。実学をテーマにしている学部で、教室のなかだけではなく、一般の企業と絡むことを大切にしています。スポンサードしていただき、お金をいただくかわりに、我々が提供させていただいているのは、実学の『場』なのです。

 看板を出してもらったり、ユニフォームにスポンサー名を入れてお金をいただくような形が、一般的なスポーツチームとスポンサーの関係ですよね。ですから、そういう意味では、珍しいパターンかもしれません。また、教育の一環として、大学の授業を担当していて、我々のスタッフが講師となって、試合の日まで一緒に企画を実現していくかたちになります」

チアリーダーがスポンサーを紹介する“ひと工夫”。

 若い人たちの意見を取り入れることが必要。それは、どんなスポーツのどんなチームでも考えているだろうが、いざ実行するとなると簡単ではない。そんな中で千葉ジェッツは大学とのスポンサーシップを理由に、理想を実行に移している。

 チームのアイデアの豊富さは本拠地の船橋アリーナを訪れると分かる。ジェッツのスポンサーの存在はいたるところで目にすることが出来るのだが、象徴的なのはハーフタイムだろう。

 もちろん千葉に限らず、どのチームも、ハーフタイムに入るとスタジアムアナウンサーが各チームスポンサーの紹介はする。ただ、千葉はそこに“ひと工夫”を加える。スポンサー名の記されたボードを、クラブの華であるチアリーダーがハーフタイムに掲げ、それに合わせてスタジアムアナウンサーがスポンサー名を紹介していく。ボクシングのラウンドガールをイメージすればわかりやすいだろうか。

【次ページ】 野球やサッカーに比べて露出が少ないからこそ……。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

千葉ジェッツ
富樫勇樹

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ