ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

松山英樹が求める「止まる」ボール。
クラブやスイングを変えた背景とは。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/09/21 07:00

松山英樹が求める「止まる」ボール。クラブやスイングを変えた背景とは。<Number Web> photograph by AFLO

松山英樹のショット貢献度はすでに世界屈指である。それでも、新技術を取り入れない選手に成長はない。

大きなトライと大きなエラーは、得たものも大きい。

 だが、予選落ち続きの時期を経て「ギアにしろ、スイングにしろ、ひとつずつ変えていかないといけないというのが(予選落ちした)メジャー2つで分かった」という気づきもやはり重要なものだった。

 松山は精鋭が集うエリートグループのひとりに数えられて久しいが、そこは想像を絶する過酷な競争社会。こちらに向かってくる激流に抗うためには、前進する力をキープする必要がある。その場で安穏と立ち止まろうとすれば、たちまち流されてしまう。

 そしてなにせ、松山は目標であるメジャー制覇をまだ成し遂げていない。無理やりにでも両腕を前後させ、足の動きを導く。

 期待に胸を躍らせ、そのたびに辛酸も嘗めた3年目。過去のシーズンでは見られなかった大きなトライと大きなエラーは、現状に満足せずに生き抜く決意の表れでもあった。

国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!
「ゴルフダイジェスト・オンライン」   http://news.golfdigest.co.jp/

関連記事

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3 4
松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ