リオ五輪PRESSBACK NUMBER

「彼は世界で一番クールな人物」
内村航平に憧れた銀、銅メダリスト。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byJMPA

posted2016/08/11 15:00

「彼は世界で一番クールな人物」内村航平に憧れた銀、銅メダリスト。<Number Web> photograph by JMPA

銅メダルのウィットロック(左)と銀メダルのベルニヤエフ。内村は、4年後の東京五輪に関して「東京では31歳。まずはどうやったら代表に入れるかを、ゆっくり考えたい」とコメント。

フェルプスやボルトと比較される、世界的な選手へ。

 内村に対しては、フェルプスやボルトと比較されることについてどう思うかという質問も出た。内村は思いを世界に発信した。

「マイケル・フェルプス、ウサイン・ボルト。この名前は世界中の誰もが聞いて分かる名前だけど、『内村航平、誰だ?』となる。僕は、体操はまだまだ知られていないと思っています。今回、オリンピックで個人総合2連覇をして団体でも金メダルを獲れた。今日の個人総合では白熱した戦いを世界中のみなさんに見せられたとも思っている。今日をきっかけに、マイケル・フェルプス選手、ウサイン・ボルト選手に負けないような、僕の名前ではなく、体操というものを広めていきたいと思っています」

 今回は6位までが90点を超える、非常に高いレベルの争いだった。世界のレベルを引き上げてきた男は、体操界の未来を見つめながらこう言った。

「世界大会で8連覇し、この8年間で個人総合のレベルを一気に引き上げたと思っている。僕がそれをできることを証明したと思っている。でもまだまだ体操界の進化は止まらない。体操の進化という部分では、貢献できているのかなと思う」

 幼い頃から五輪を夢見てきた。五輪の頂点を目指そうと決心した15歳の春、両親の反対を押し切って長崎から東京へ体操留学した。

 北京で五輪出場の夢をかなえ、ロンドンで金メダルの夢をかなえ、リオでは悲願の団体金メダルを獲得し、個人連覇も達成した。

 体操を極めようと粉骨砕身してきた日本のヒーローは、世界のヒーローになっていた。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

内村航平
オレグ・ベルニャエフ
マックス・ウィットロック
ウサイン・ボルト
マイケル・フェルプス
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後のコラム

ページトップ