野球場に散らばった余談としてBACK NUMBER

都市対抗に出場する元阪神、玉置隆。
背中を押した、福留と球児の言葉。
 

text by

酒井俊作

酒井俊作Shunsaku Sakai

PROFILE

photograph byYutaka Tamaki

posted2016/06/17 07:00

都市対抗に出場する元阪神、玉置隆。背中を押した、福留と球児の言葉。<Number Web> photograph by Yutaka Tamaki

2004年ドラフトで阪神に入団した玉置隆は今年から新日鐵住金へ。都市対抗出場を決めた富士重工戦では「高校以来」という完封勝利。

「うれし涙を流したのは初めてでした」

 いま、投手陣最年長の玉置は若手から声を掛けられる。「プロってどんなところですか」。新しい仲間とともに3年ぶりの都市対抗出場を決めると、気づけば頬を涙が伝っていた。

「阪神の二軍もそうでしたけど、もっと泥臭く、いい大人が、必死にやっている。しんどい練習も率先してやって、かれるまで声を出している。本当にうれしかったんです。うれし涙を流したのは初めてでした」

 もう1つ、心躍ることがあった。スマートフォンには、阪神の戦友からLINEのメッセージが次々に届いた。

「おめでとう!」

「頑張れよ!」

 白球がとりもつ絆はいまも生きる。

 世界は広い。たとえ夢破れ、無力感や疎外感を味わい、逆境に立たされたとしても、いつか、どこかに生きる場所がある。「プロ野球選手」ではなくなった彼が輝くように、ゲームセットが訪れることはない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

玉置隆
新日鐵住金
藤川球児
福留孝介
阪神タイガース

プロ野球の前後のコラム

ページトップ