スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

NBAファイナルが一方的な展開に。
「超人」は「民主化」に勝てない? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/06/06 17:30

NBAファイナルが一方的な展開に。「超人」は「民主化」に勝てない?<Number Web> photograph by AFLO

カリーに激しいマークをつけるキャバリアーズだが、そうすればするほどに周りが空く、という悪循環に陥っている。

レブロンとアービングが超人的な活躍をするしかない。

 第3戦は日本時間の9日(木)、クリーブランドに舞台を移して行われる。NBAの場合、会場が変わればレフェリングも大きく違うし、キャバリアーズにも反撃のチャンスはあると思う。

 さて、キャバリアーズに民主化の進んだウォリアーズのオフェンスを止めることが出来るのだろうか? 現状では極めて厳しいと言わざるを得ない。ディフェンス面での「回答」が見えてこないのだ。

 ウェスタン・カンファレンスには、ウォリアーズの他にもスパーズなど、オフェンスの民主化を積極的に進めているチームがあるが、キャバリアーズが所属するイースタン・カンファレンスにはまだ少なく、ディフェンス面での対応が後手に回っている印象がある(ホークスとセルティックスが目立っているが、ウォーリアーズ、スパーズほどではない)。

 では、第3戦、第4戦の鍵はどこにあるのか。

 やはり、キャバリアーズはレブロンとアービングの超人的な活躍に活路を求めるしかなさそうだ。

 しかし、そうした展開になれば、カリーとトンプソンの「スプラッシュ・ブラザース」がシステムを味方に、自分たちがどんどんシュートを打って対抗していくだろう。

 民主化は平等を保障するだけでなく、スター・シューターを輝かせるシステムでもある。

 このファイナル、ウォリアーズが圧倒的に優位に立った。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

クリーブランド・キャバリアーズ
ステフィン・カリー
ゴールデンステイト・ウォリアーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ