JリーグPRESSBACK NUMBER

鈴木啓太が語りつくした引退と浦和。
「だけど、寂しさがあるとすれば……」 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/02/03 10:50

鈴木啓太が語りつくした引退と浦和。「だけど、寂しさがあるとすれば……」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

現役引退会見から1週間あまり。鈴木啓太は実に晴れ晴れとした表情をしていた。

「だけど、寂しさがあるとすれば――」

――大きなプレッシャー、高い緊張感、ほとばしる闘争心……。現役時代に味わった“熱”から解放されることに寂しさはありませんか?

「そうだね……でも、もういいよ、心臓に悪いし(笑)。だけど、寂しさがあるとすれば、満員の埼玉スタジアムのピッチに立ったときの、あの雰囲気を味わえないこと。もう、あれを体感できないのかと思うと、ね。あのスタジアムの雰囲気は最高だったから。

 すごい大きな幸福感を味わえた。他のクラブから来た選手が『すごい』っていうのを聞いても、僕は他のクラブを知らないから、あれが当然だと思っていた。でも年々、これは特別なものだとひしひしと感じるようになった。彼らサポーターの熱や声が、僕を走らせてくれたんだと」

 最後にやっぱりサポーターへの想いを語る。まるで、お約束みたいな流れになってしまったけれど、それが真実なのだから、しょうがない。

「結局、僕が浦和レッズのファンになっていたということだと思います」

 浦和にとどまった理由に思考を巡らせたあと、彼はそう結んだ。そんな様子を見ながら思う。浦和レッズだったから、鈴木啓太は16年間戦い続けることができたのだと。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
浦和レッズ
鈴木啓太

Jリーグの前後の記事

ページトップ