プロレスのじかんBACK NUMBER

オカダ・カズチカは本当に現代的か?
天龍源一郎と通底する“プロレス観”。 

text by

井上崇宏

井上崇宏Takahiro Inoue

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2015/09/15 11:30

オカダ・カズチカは本当に現代的か?天龍源一郎と通底する“プロレス観”。<Number Web> photograph by Essei Hara

オカダ「リングに上がれば手加減しない。どうなっても知らない」、天龍「(オカダは)天下を取った人の気持ちがわからない」とそれぞれコメント。

完全に一致するオカダと天龍のプロレス哲学。

 しかし。

 前述したオカダのプロレス哲学の一端を、もう一度、今度はしゃがれ声で音読してみてほしい。

「お客さんに痛みが伝わらない技はやらないようにしています。どんなに痛くても、その痛さがお客さんに伝わらないんだったら意味がない。本当に痛くて、その痛みがお客さんにも伝わるのが、ボクの思うプロレス技ですね。どんなにキツい技でも、お客さんに伝わらなければ、そんな技で勝つのはナンセンス」

 ぼくも音読してみて気づいた。ぼくの脳内の「漢・天龍」フォルダの中には、このオカダとまったく同じセリフが記憶されていることを。

 そうなのだ。オカダ自身も、自分の少年時代の“記憶”を携えながら、現在の地位を築き上げてきたロマンチストなのである。

関連記事

BACK 1 2 3
新日本プロレス
オカダ・カズチカ
天龍源一郎
棚橋弘至
中邑真輔
ジャイアント馬場
アントニオ猪木

プロレスの前後の記事

ページトップ