詳説日本野球研究BACK NUMBER

プロスカウトが初戦で去った甲子園。
しかし、スターは確かに存在した! 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/08/21 16:30

プロスカウトが初戦で去った甲子園。しかし、スターは確かに存在した!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

決勝戦を161球完投、自らホームランを打って勝負を決めた小笠原慎之介。清宮、オコエが話題をさらった大会を最後に“持っていった”。

オコエ、清宮以外では東海大相模の小笠原が注目。

 オコエ、清宮以外でスカウトの注目を集めた選手を以下に紹介する。

 投手では東海大相模の左腕、小笠原慎之介が注目度ナンバーワンだった。鋭く縦変化するスライダー、カーブ、チェンジアップも見事だったが、きれいな投球フォームから繰り出される150キロ級の快速球が小笠原の最大の武器で、準々決勝では火のつきかけた花咲徳栄打線を4回途中からリリーフに出て、9回まで2安打無失点に抑えた。そして決勝の仙台育英戦は9回6失点されながら最終回にストレートが148キロを計測したように、馬力の強さは大会屈指と評価していい。

 小笠原を上回る精密なコントロールに目をみはったのが、3回戦に進出した中京大中京の右腕、上野翔太郎だ。プロのスカウトはあまり注目していないようだが、大学球界では即戦力間違いなしの安定感で、大学の最上級生になる4年後にはドラフト上位指名されてもおかしくないだけの力を秘めている。

 ちなみに、3回戦で中京大中京を破ったのが関東一である。オコエはこの試合、4打数1安打(内野安打)と完璧に近いくらい抑え込まれている。好きなタイプ、ということなら、この大会で最も惚れ込んだ投手は上野である。

今年は東高西低。来年は西日本勢に期待。

 以下、私が注目した投手、野手の本大会での成績である。チーム成績同様、東高西低になってしまった。来年は西日本勢の反攻を期待したい。

[注目選手の成績]
投手
成田  翔 (秋田商3年)   26.2回、21安打、30三振、9四死球、防御率2.37
小笠原慎之介(東海大相模3年) 25回、21安打、20三振、7四死球、防御率3.24
上野 翔太郎(中京大中京3年) 26.1回、18安打、20三振、6四死球、防御率1.03

野手
平沢  大河(仙台育英3年)  25打数、6安打、6打点、3本塁打、打率.240
オコエ 瑠偉(関東一3年)   18打数、6安打、6打点、1本塁打、打率.333
清宮 幸太郎(早稲田実1年)  19打数、9安打、8打点、2本塁打、打率.474
姫野  優也(大阪偕星学園3年)12打数、4安打、3打点、1本塁打、打率.333
山本 武百志(九州国際大付3年)15打数、5安打、5打点、3本塁打、打率.333

関連記事

BACK 1 2 3 4
オコエ瑠偉
清宮幸太郎
小笠原慎之介
上野翔太郎

高校野球の前後の記事

ページトップ