JリーグPRESSBACK NUMBER

元日本代表、現さいたま市議1年生。
都築龍太が語る転身の理由と「夢」。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byTakashi Shimizu

posted2015/06/02 10:30

元日本代表、現さいたま市議1年生。都築龍太が語る転身の理由と「夢」。<Number Web> photograph by Takashi Shimizu

すっかり議員らしい姿になった都築龍太だが、話し方や表情の端々に、現役時代以来の芯の強さが見え隠れする。どんな第二の人生が彼を待ち受けているのだろうか。撮影協力:浦和ロイヤルパインズホテル

「やりたいこと」と「やらなくちゃいけないこと」。

 現役時代は、週末の試合に向けて全身全霊で日々チャレンジを続けてきた。問題や課題を解決するために積み重ねる努力、結果を手にするための準備、向上心を失わない姿勢。トップアスリートとして培った武器が、都築龍太を応援したいという人たちを引きつけたに違いない。

「ずっとやってきたので、スポーツはもちろん得意分野ではあります。生涯スポーツについてやりたいこともあります。市議という立場で浦和レッズやサッカーに恩返しができるんじゃないかと考えています。そういう『やりたい政策』を曲げたらいけない。

 だけど、やりたいこととやらなくちゃいけないことは、分ける必要もあります。最優先にするのは、“やらなくちゃいけないこと”なんです。地域の問題をしっかりと聞いて、それに対する答えを地元へ持って帰る。最初は出来ないことも多いだろうけれど、『出来ません』じゃなくて、問題を解決することを前提に、『こういう状況だから、今は難しいけれど、継続していきます』という風にやっていきたい」

 サポ―ターやファンの期待を背負い戦ってきた。そして今、都築議員が背負うのはより身近な地域、地元の人たちの期待だ。エールを力に変えて、新しく困難な挑戦が始まった。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
都築龍太
浦和レッズ

Jリーグの前後の記事

ページトップ