サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

久しぶりに現れたスター、浅野拓磨。
永井謙佑とは異なるスピードの質。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/05/19 10:50

久しぶりに現れたスター、浅野拓磨。永井謙佑とは異なるスピードの質。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

代表合宿に参加した浅野拓磨。現在の日本代表に、スピードを武器にするFWは多くない。彼の爆発的なスピードをハリルホジッチ監督はどう見ているのだろうか。

宇佐美貴史の一挙手一投足から貪欲に学ぶ。

 監督の見方を変えるには結果を出し続けるしかない。そのためにはFWとしての動きの質をさらに磨く必要がある。代表合宿前から個人のレベルアップに努めていたが、浅野が参考にしたのは、ガンバ大阪の宇佐美貴史だった。

「ガンバとの試合の時は、宇佐美選手のドリブルからシュートまでの流れを見ていました。ドリブルの時のボールの持ち方、体の使い方がうまかったですし、シュートの精度も高かったですね」

 代表合宿では、その宇佐美と一緒になった。そこまで深い話ができたわけではなかったが、宇佐美とも言葉は交わした。得点ランキング首位を走る選手のプレーや言葉から浅野は刺激を受け、代表合宿もいい経験になった。これからFWとしての進化をさらに加速させていくだろう。

 代表合宿でサイドに置かれたことでFWとしての意識をより高めた浅野だが、今までなかった気持ちが生じたという。

「代表のサッカーのスタイルが自分に合っていると思うし、チームの空気感もすごく良くてやりやすかった。だから、このチーム(日本代表)でやりたいと思ったんです」

 代表定着の欲が芽生えたのだ。

A代表とも「差があるなとは感じない」。

 浅野は、リオ五輪代表の主力だがA代表との兼務は個人にとっても五輪代表にとってもプラスになる。実際、ロンドン五輪代表では清武弘嗣がA代表と兼務し、その経験を還元することでチーム力をアップさせ、最終予選突破の大きな原動力になった。今回も浅野の他に植田直通、岩波拓也らリオ五輪組が招集されたが攻撃の選手は浅野だけ。清武のようにA代表と五輪代表の間で綱引きされる選手になるのが理想だが、現状では海外組もいる中、A代表に生き残るはかなり困難だ。その勝算はあるのだろうか。

「合宿では本当に技術が高くてうまい人たちと2日間トレーニングしたんですが、とくにすごく差があるなとは感じなかったです。100%自分の持っているものを出せればA代表 でもやれると思いますし、今回やれたことで少なからず自信になりました。もちろん、まだ課題も多いですけど、チームに戻ってもいいパフォーマンスをして、もっとゴールを取れるFWになれれば、またこの場(代表)に戻って来れると思います」

 注目されればマークが厳しくなる。これからは、自由にプレーさせてもらえないこともあるだろう。だが、浅野は大家族の中で育ててもらった親に恩返しをするために成功するというハングリーさを持っている。メンタルも強い。他選手から学ぼうという貪欲さと謙虚さがある。だからといって点が取れるわけではないが、浅野が「ハリルの新星」になる候補のひとりであることは間違いない。

関連記事

BACK 1 2 3
浅野拓磨
ヴァイッド・ハリルホジッチ
永井謙佑
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ