SCORE CARDBACK NUMBER

非礼か、高度な精神制御か。No.1が見せた“ラケット破壊”。
~王者ジョコビッチの乱心と重圧~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiroshi Sato

posted2015/04/06 10:00

非礼か、高度な精神制御か。No.1が見せた“ラケット破壊”。~王者ジョコビッチの乱心と重圧~<Number Web> photograph by Hiroshi Sato

フェデラーにブレークバックを許したジョコビッチは、席に戻るとラケットを叩きつけた。

 ノバク・ジョコビッチがロジャー・フェデラーを破って優勝した米国・インディアンウェルズの男子シングルス決勝は面白い試合だった。もっとも、この「面白い」は「興味深い」の意味だ。

 第1セットを奪ったジョコビッチは、第2セットも4-2としながら追いつかれ、タイブレークではダブルフォールト3本の大乱調でセットを落とす。最終セット序盤もブレークの応酬。2-0からブレークバックを許したジョコビッチは、怒りにまかせてラケットを地面にたたきつけ、へし折る失態を見せた。彼が重圧に苦しんでいるのは明らかだった。ところがこれでフラストレーションを吐き出し、ふっきれたのか本来の姿を取り戻し、最後は6-2とフェデラーを圧倒した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ノバク・ジョコビッチ

テニスの前後のコラム

ページトップ