マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

ドラフト指名を「断る」ということ。
“野茂英雄”になって戻っておいで。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2014/11/13 10:50

ドラフト指名を「断る」ということ。“野茂英雄”になって戻っておいで。<Number Web> photograph by Kyodo News

プロ志望の選手であっても、順位によっては指名は諸手を挙げて喜ぶものではないことがある。「今はプロに進まない」という決断が実ることを祈りたい。

“野茂英雄”になって帰ってきてほしい。

 野茂英雄(元・近鉄ほか)の高校時代(大阪・成城工業高)を見ている者として、ひさしぶりに「野茂になれる男」と、とても楽しみにしている大型右腕。

 そんな大器が来春、野茂と同じように社会人野球でさらにその腕を磨き始める。

 その体躯、その剛速球、そしてそのフォークの落差とキレ。むしろ、偉大な先達の高校時代をすでに凌駕していると言って、私の中になんの迷いもない。

 今年の春頃、最近は高校から社会人に進んだ若い大型投手の台頭がないという記事を書いたことがある。そのせいではないだろうが、今回のドラフトでは、三菱日立パワーシステムズ横浜・野村亮介、新日鉄住金鹿島・横山雄哉、という2人の社会人3年目の投手たちが頑張って「1位」を獲得してくれた。

 時間をかけて、そのあとを追おう。

 そして3年後、4年後、“野茂英雄”になって、私たちの前に戻ってきてほしい。

 投手としてのエンジンの大きさ、器の大きさでは、キミのほうがひと回りもふた回りも上回っているのだから。

関連記事

BACK 1 2 3 4
阪神タイガース
陽川尚将
野村亮介
横山雄哉
野茂英雄

プロ野球の前後の記事

ページトップ