オリンピックへの道BACK NUMBER

フィギュア界に現れた13歳の新星。
本田真凜はまっすぐ平昌を目指す。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2014/10/12 10:40

フィギュア界に現れた13歳の新星。本田真凜はまっすぐ平昌を目指す。<Number Web> photograph by Shino Seki

中学1年生ながら日本スケート連盟の強化選手にも選ばれている本田真凜。「五輪の前年の6月30日に15歳」という五輪出場資格も平昌ではクリアしている。

憧れの選手は、荒川静香。

 今、新しいチャレンジも始めている。

「トリプルアクセルの練習はけっこう前からやっていましたが、4回転の練習も今年から始めました。この前、アメリカに行ったときにハーネスで練習したんです。そのときはまわれたので、ハーネスなしでも跳べるようにしたいです。今年中に入れたいと思っているんですけど、ちゃんと跳べてから入れたいです」

 憧れの選手は? と聞くと「荒川静香さん」と即答した。

「ジャンプだけじゃなく、表現力とかスピンとかステップすべてに憧れています。いちばんは、オリンピックという大きな舞台で堂々とした演技をされていたことに憧れています」

 オリンピックと言えば、年齢的には2018年の平昌五輪に出場することができる。本田自身、意識はしている。

「年齢的に出られるオリンピックなので、けっこうすぐだなって気がします。これから1つ1つ、目の前の試合を頑張っていけば絶対に辿り着けると思います」

 そして付け加えた。

「オリンピックに出て優勝したいです」

 率直な言葉だった。

「氷の上にいるときがほんとうの自分」

 インタビューの間、まっすぐ身体と目を向ける姿は、まるで全身で質問に耳を傾けているかのような真剣さにあふれていた。

 ふと、指導にあたる濱田美栄コーチの言葉を思い起こす。

「ものすごく誠実な子です。親御さんは偉いな、今時よくこんな子を育てられているなって感心しています。真っ直ぐで素直な子なんです。それが強さです」

 インタビュー中、「楽しい」「好き」という言葉があふれた。それくらいフィギュアスケートが好きで、滑ることが楽しくて、だからこそ、とことん打ち込んでいる。自分の思いと、真っ直ぐ向き合っている。

「氷の上にいるときがほんとうの自分だと思います。毎日滑っていたいです」

 スケーターとしてどこまでも大きくなりたい。

 その思いとともに、本田真凜は未来へと進んでいく。

関連コラム

BACK 1 2 3
本田真凜
荒川静香

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ