SCORE CARDBACK NUMBER

記憶に残るフルバック、栗原徹の引退に思う。
~1試合60得点、偉大な世界記録~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2014/05/25 06:00

記憶に残るフルバック、栗原徹の引退に思う。~1試合60得点、偉大な世界記録~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

清真学園高-慶大-サントリー-NTTコム。日本代表キャップ27。35歳での引退だった。

 14番の大畑大介は弾丸と化して疾走した。11番の小野澤宏時は軟体動物の如くタックルを擦り抜けた。世界最多トライ王と日本最多キャッパー。日本ラグビーの歴史に燦然と輝く2人のフィニッシャーと、夢のバックスリーを組んだFBの中で、最も印象深い選手は? と問われたら、迷わず栗原徹と答える。

 ボールを持てば、滑らかなコース取りと真横にスライドするステップで相手タックラーを置き去りにした。トップスピードのまま放つラストパスは、並走するランナーの胸にふわりと吸い込まれた。魔法の右足からのキックは、左右のタッチライン際から正確にHポストを射抜いた。'02年に来日したサラセンズのフランス代表FBトマ・カステニエドは、2トライを決めた相手FBを「欧州に来たらどのクラブでも即戦力だよ」と絶賛した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 598文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯を獲る9つの方法。

Sports Graphic Number 853

W杯を獲る9つの方法。

 

関連記事

大畑大介
栗原徹
小野澤宏時
トマ・カステニエド

ラグビーの前後の記事

ページトップ