野ボール横丁BACK NUMBER

藤浪、大谷の陰に隠れた「第三の男」。
中日・濱田達郎の“プロ志向”逸話。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/05/22 10:40

藤浪、大谷の陰に隠れた「第三の男」。中日・濱田達郎の“プロ志向”逸話。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2012年ドラフト組には高卒の大谷翔平、藤浪晋太郎以外にも大卒の菅野智之、東浜巨、社会人の松永昂大などが目白押し。濱田達郎のキャリアは今始まったところだ。

「ピッチャーは喜怒哀楽を出したらダメ」

 高校時代、濱田はこう語っていた。

「ピッチャーは喜怒哀楽を出したらダメ。ずっとそう思い続けてきたので、もう慣れてる。打たれても、あ、打たれたって。そういう風になってる」

 高校時代の恩師、倉野光生もこう言う。

「普段もおっとりしているというか、ポーカーフェイス。あんなに穏やかな子が、ピッチャーなんかできるのかなと思ったぐらい」

 濱田は「黒がいちばん落ち着く」と、高校時代から黒いグラブを愛用している。

 プロ2勝目をあげたDeNA戦は、「四球が多い」と納得がいかなかったようだが、5回まで0点に抑え、試合をつくった。

 2年前の夏、浦添商戦に負けた後に吐いたセリフを濱田が覚えているかどうかはわからない。しかし誓い通り、「次」の立ち上がりはきっちり修正されていた。

関連記事

BACK 1 2 3
藤浪晋太郎
大谷翔平
濱田達郎
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ