Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<最強ドイツのメンタリティー> ピエール・リトバルスキー 「栄光の鍵はエゴとハーモニー」 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/05/28 11:00

<最強ドイツのメンタリティー> ピエール・リトバルスキー 「栄光の鍵はエゴとハーモニー」<Number Web> photograph by AFLO

1990年イタリアW杯を制した西ドイツ代表のリトバルスキー(中央)。

決勝ではマラドーナ率いるアルゼンチンを封殺した西ドイツ。
その勝利に至るまでに“2度の失敗”を経験した
リトバルスキーだからこそ語ることができる、
王座に就くに足る者が携えるべき精神とは――。

――1982年から'90年にかけ、西ドイツ代表はW杯優勝1度、準優勝2度に輝きました。驚異的な強さの秘密から聞かせて下さい。

「最初の理由としては、人材の豊富さが挙げられる。ドイツには個性の強い一流選手が常に揃っていた。二つ目は経験の蓄積だね。

 チームの花形スター、僕たちの頃で言えばマテウスのような選手は、所属クラブでは自由にプレーできる。しかし代表に来れば、同僚に譲らなければならない部分が出てくる。僕たちの頃のドイツ代表には、デリケートな問題を自分たちで解決していく賢さがあったんだ。

 ただし、最初から順調だったわけじゃない。むしろ'82年大会の時には、ベテラン選手が判断を誤り、チームに混乱を招いている」

――具体的には?

「スペイン大会は初戦で躓いた。本来ならばこういう時こそチームが団結しなきゃならないのに、ウリ・シュテーリケという選手は、サポーターに対して『自分は一生懸命プレーしている』とアピールしたんだ。これは『他の選手は必死にプレーしていない』と主張するのとなんら変わりない。さらにはメディアに対して、帰国したいと公言するFWの選手まで出てきてしまった。しかも監督は断固とした態度を取らなかったんだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3315文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯を獲る9つの方法。

Sports Graphic Number 853

W杯を獲る9つの方法。

 

ピエール・リトバルスキー
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ