SCORE CARDBACK NUMBER

総合格闘技の礎を築いた、
浦田昇の死を悼む。
~修斗に尽くした名コミッショナー~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2014/02/23 08:10

総合格闘技の礎を築いた、浦田昇の死を悼む。~修斗に尽くした名コミッショナー~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

1月13日の後楽園大会で久々にコミッショナー宣言を行ない、復調を期待した矢先だった。

 1月16日、総合格闘技の老舗「修斗」のコミッショナーとして活躍した浦田昇氏が逝去した。享年73。

 真剣勝負を愛した人だった。中央大学在学中にはアマチュアレスリングに熱中。グレコローマンスタイルのライトヘビー級で二度も全日本王者に就いた。

 1964年には日本代表として東京オリンピック出場への期待も高まったが、腰のケガで断念せざるをえなかった。その直後、日本レスリング界の父・八田一朗は「(マサ)斎藤や(サンダー)杉山と一緒にプロレスに行け」と背中を押したが、浦田氏は「あんな器用なことはできません」と固辞したという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 631文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<フットボールに未来はあるか>レジェンド11人の欧州蹴球論。

関連記事

浦田昇

格闘技の前後の記事

ページトップ