Number Do SpecialBACK NUMBER

<私が今日も走る理由> 世界中でランを楽しむハイパーメディアクリエイター ~高城剛さん~ 

text by

NumberDo編集部

NumberDo編集部Number Do

PROFILE

photograph byHirofumi Kamaya

posted2014/02/18 06:15

<私が今日も走る理由> 世界中でランを楽しむハイパーメディアクリエイター ~高城剛さん~<Number Web> photograph by Hirofumi Kamaya
ウェアに着替え、お気に入りのシューズを履いて、
今日も当たり前のように駆け出す――でも、なぜ?
何がわたしたちを「走る」というシンプルな行動へと
駆り立てるのだろう? 走ることで何を得ているのだろう?

好評発売中のNumber Do Winter『私が今日も走る理由』より、

世界中でランを楽しんでいるハイパーメディアクリエイター・高城剛さんの
インタビュー記事を公開します。

 実は僕は数年前からちょっとずつ、所有物の9割以上を処分して、本当に自分の生活に必要なものだけに絞り込んだんです。今は機内手荷物に持ち込めるスーツケースと仕事用の撮影機材だけで世界中を回りながら、暮らしています。その中でもランニングのギアは買い換えを繰り返して、残っていっています。言わばランニングは僕の生活の一部なんです。

 もともと僕はかなりの健康マニアなんですね。というのも仕事柄、重たい機材を持って、世界中色々なところへ移動しなきゃいけない。去年は年間で12~13カ国くらい滞在していて、さらにデスクワークも多いから、どうしても肩も凝るし、腰も凝る。しっかり体調管理をしないと、アイデアを出したり、撮影したり出来なくなっちゃう。

 だから世界各地のマッサージを試して、鍼や気功で有名な先生も何人も訪れた。でも6年前にロンドンで公園があまりにも綺麗なんで、ふと走ってみると、本当に体調が良くなって。どんなマッサージよりも走った方が気持ちが良いんだなって気づいたんですね。
普段はジムや家で、腕立て伏せや腹筋などサーキットトレーニングをした後にちょっと時間を空けて、20分から30分くらい走ってます。走るペースは本当にゆっくり。1kmを7分くらいかける、スロージョグが基本ですね。体に負担をかけたくないから。

こちらは雑誌『Number Do』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1899文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

高城剛

陸上の前後のコラム

ページトップ