サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

U-22選手権で敗れたリオ五輪世代。
世界一を視野に入れた彼らの“当然”。 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/01/25 08:15

U-22選手権で敗れたリオ五輪世代。世界一を視野に入れた彼らの“当然”。<Number Web> photograph by Getty Images

87分に交代で退くまで、ピッチで必死の守備を見せた原川力。京都から愛媛に期限付き移籍し、来季はさらなる出場機会の確保を期す。

“世界一”を視野に入れるリオ五輪世代。

 一方で、最近になって東京VからFC東京を経由しサバデルへの移籍が報道されている中島翔哉は「この冬にでも海外に行きたい!」と先を急ぐタイプだ。彼もまた'94ジャパンのメンバー。「この大会に人生を変えに来た」と、オフも返上しシーズン中よりも好コンディションに仕上げて臨んだ。

 目標ははっきりしている。「世界一の選手になりたい。スペインでプレーしたい。一番難しい目標であるバロンドールに近づきたい。いずれ日本は世界一になれる。日本しかできないサッカーがあると思う」と高くて明確。もっとも彼らの世代からしたら17歳の時点で世界8位に入ったわけだから成長曲線の先に世界一があると思うのも当然のことなのだろう。そんな彼も「多くの人に見てもらえるから」もちろんリオ五輪は大きな目標だと言う。

 海外志向も強く、意識も高い。さらに、その思いを説明する言葉という術を持つ選手が集まっているのがこのリオ五輪世代だ。となれば、五輪に何が何でも出場するためにはアジアでつまずいている場合ではない。予選までに大いなる成長が必要になることが確認できた大会となった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

手倉森誠
山中亮輔
原川力
石毛秀樹
中島翔哉
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ