野球善哉BACK NUMBER

浅村栄斗の打点王獲得は“意外”。
高校時代からのムラが消えた理由。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2013/12/06 10:30

浅村栄斗の打点王獲得は“意外”。高校時代からのムラが消えた理由。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

今シーズンは打率5位、本塁打4位、そして打点王と三部門で上位に入った浅村栄斗。足も速く、いまだ23歳という若さもさらなるスケールアップを期待させる。

「4番」を経験して構築した新たなスタイル。

 西武に入団してから4年になる浅村が、これまで完全にレギュラーに定着できていなかったのは、そんな不安定な状態だったからだ。

 だから今季は、浅村にとって「4番」という大役こそが良薬になり、レギュラー定着に至るきっかけを生み出したシーズンだったという見方もできる。その末の打点王だったのだ。浅村は言う。

「今年は自分の力を見つめ直すシーズンでした。4番に入って、人任せにしてはいけないと思いましたし、今まではポイントゲッターのようなタイプでしたけど、試合を決めるバッター像っていうのも見えてきた。この経験は、必ずこれからの野球人生に生きてくると思う」

 もともとはポテンシャルが高く、チームを引っ張る核弾頭としての役割ができる男だった。それが今シーズン、「4番」を経験したことで新たなスタイルを構築できたのである。ポイントゲッタータイプと見られていた選手が、4、5、6番を任せられる選手にまで幅が広がった。まだ、23歳。彼がどれほどの選手まで成長できるのか……その可能性は計り知れない。

伊原監督のもとで、守備でも中心となれるか。

 もっとも、まだ課題もある。

 それは守備面である。本来遊撃手の浅村は、今はチーム事情でやむなく一塁を守ってはいるものの、このままのポジションで終わるべき選手ではないと思う。

 高校時代のように、華麗なプレーで魅せる遊撃手として、または、今シーズン6試合を守った二塁手として、彼に期待されるポジションは他にあるように思う。西武を長く支えてきた片岡治大がFAで巨人に移籍しただけに、チームの中心を担うべき立場にいる浅村は、センターラインを守るような選手になって欲しい。

 このタイミングで、守備・走塁を重視したち密な野球が身上の伊原春樹新監督のもとで野球ができるというのも、大きなプラスになるだろう。

「監督からはいろいろ教えてもらいたいですね。来季は打順が何番になるかは分からないですけど、今年がマグレだったと言われないような活躍を見せたい。任せられる打順によって、役割が変わってくると思うので、その打順によって、どこかの部門でタイトル争いをしたい」

 バットマンとして新境地を見つけ出した1年。そして来季は、内野手としてさらなる飛躍を見せるシーズンに。浅村は、まだまだ走り続ける。

関連記事

BACK 1 2 3
浅村栄斗
埼玉西武ライオンズ
西谷浩一
伊原春樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ