SCORE CARDBACK NUMBER

距離の壁を乗り越えて
武豊が打ち立てた金字塔。
~天才を象徴するGI通算100勝目~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2013/12/01 08:00

距離の壁を乗り越えて武豊が打ち立てた金字塔。~天才を象徴するGI通算100勝目~<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

GI通算100勝を記念して京都競馬場が用意した「百勝」の日本酒の瓶を笑顔で掲げた。

 今春、3200mの天皇賞で2着と好走したトーセンラー(牡5歳、栗東・藤原英昭厩舎)は、言うまでもなく2000m以上の中長距離路線においての一線級である。そしてもうひとつに、京都競馬場の外回りコースで最大級のパフォーマンスを発揮できるという特徴的な馬だ。

 牡の古馬が挑戦できる京都外回りのGIは、天皇賞(春)とマイルチャンピオンシップの2つ。ちょうど2倍と極端に距離が違う両レースだが、藤原調教師はコース適性を重く見てマイル参戦を考えた。京都1800mでデビューし、以来距離を延ばしながら素質も伸ばしてきていた馬だけに、相談を受けた武豊騎手でさえ一瞬言葉に詰まる思いがしたそうだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 605文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯出場32カ国を格付する。~WORLD CUP BRAZIL 2014~

関連記事

武豊
トーセンラー

競馬の前後の記事

ページトップ