SCORE CARDBACK NUMBER

山本真弘が肌で感じた、
世界との圧倒的な力の差。
~61kg級王者ヴィールセンへの挑戦~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byBen Pontier/EFN

posted2011/01/05 06:00

山本真弘が肌で感じた、世界との圧倒的な力の差。~61kg級王者ヴィールセンへの挑戦~<Number Web> photograph by Ben Pontier/EFN

右ハイを放つスリナム生まれのヴィールセン。9月にミッシェル・ピノを破り王者となった

 これが世界の壁なのか。12月11日(現地時間)、ギリシャで行なわれた欧州最大の格闘技イベント『IT 'S SHOWTIME』で山本真弘はセルジオ・ヴィールセンの保持する61kg級世界王座に挑戦したが、3RTKO負けを喫した。

 スピードマスターと呼ばれる山本はフェザー級から60kg級では国内で敵なし。63kg以下のK-1ライト級では体格差に泣いたが、本人も周囲も「61kg級ならば、世界で十分通用する」と読んだうえでの挑戦だった。

 もっとも、たかが1kg、されど1kg。国内の60kg級では全く感じなかったパワーの差も、海外の61kg級では大きなハンディとなって現れた。山本は想像以上に王者の圧力が強かったと振り返る。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 607文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甦る死闘2010

Sports Graphic Number 769

甦る死闘2010

 

関連記事

山本真弘
セルジオ・ヴィールセン

格闘技の前後の記事

ページトップ