プロ野球亭日乗BACK NUMBER

“何をしてくるか分からない”巨人。
広島の意表を突いた、圧倒的強さ! 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/10/19 12:20

“何をしてくるか分からない”巨人。広島の意表を突いた、圧倒的強さ!<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

巨人にとってV9以来40年ぶりとなる“2年連続日本一”をかけた日本シリーズにのぞむこととなった原監督。来季の続投も決まり、偉業達成を誓う。

自己犠牲があってこその「このチームは強い」発言。

 単なる力勝負ではない。頭を使って相手の意表を突く。思っているものとまったく違う姿をみせる。これは相手にとっては本当に嫌なチームに感じるはずである。

 その上で徹底した自己犠牲の精神がチームの大黒柱となっている。

 第3戦、3回の同点打と5回の追加点を叩き出した阿部慎之助は、3回の打席からバットを短く持って長打を捨てたコンパクトスイングに変えている。得点には結びつかなかったが6回無死一塁の場面では助っ人のロペスが一発で送りバントを決めて走者をスコアリングポジションに進めた。

 誰だからではなく、この場面では――巨人の野球はそこから組み立てられて、そのゲームプランがチームの中で徹頭徹尾、貫かれている。

 だから「このチームは強い」と指揮官は確信を持って語れるのである。

 そして場合によっては4回からエースに代打も送るし、投手はそれまでとまったく違う配球をしてくる可能性があるというレポートを、楽天とロッテのスコアラーは必ずチームに上げることになるはずだ。

「何をしてくるか分からない」

 戦う前から相手にそんな疑心を生む。それだけでも、巨人にとっては日本シリーズでのアドバンテージになるはずである。

関連記事

BACK 1 2 3
読売ジャイアンツ
広島東洋カープ
原辰徳
菅野智之
内海哲也
野村謙二郎
阿部慎之助

プロ野球の前後の記事

ページトップ