ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

違和感があった長谷川穂積の世界戦。
フェザー級転向で生じた誤算の中身。 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/11/30 10:30

違和感があった長谷川穂積の世界戦。フェザー級転向で生じた誤算の中身。<Number Web> photograph by KYODO

自身のブログで「おれ、お疲れさん」と綴った長谷川。「おれにはなにも返すことはできないですが、少しでも試合で喜んでもらえるようにもっと強くなります」とファンへの感謝を記した

周囲の期待に応えながら進化し続ける長谷川穂積。

 そしてもう一つ、長谷川は言及しなかったが、試合を盛り上げたい、ファンを喜ばせたい、という気持ちも強くあったのではないだろうか。

 2週間ほど前、身長差11cm、リーチ差13cmという圧倒的な体格差を克服して史上2人目となる6階級制覇を達成したフィリピンのマニー・パッキャオは、試合後に次のようなコメントを残している。

「できるだけ真正面から打ち合おうと思った。観客に興奮を与えるためにね」

 もともと技巧派でKO勝利の少なかった長谷川は、世界王者になってからKOを量産するようになった。それは高まる周囲の期待に応えようとボクシングを「進化」させた結果だった。その姿勢はパッキャオ同様、たとえ階級アップでリスクが高まっても、譲ることのできないテーマだったのかもしれない。

「今日は初めてのフェザー級でいろいろなことがわかった。バンタムは強いボクシング、フェザーはうまいボクシング。次はうまいボクシングをせなあかんですね」

 聡明なサウスポーはすべてを理解しているのだ。

 来春にも予定されている初防衛戦では、大胆かつ細心な長谷川らしいファイトを見せてくれるに違いない。

関連記事

BACK 1 2 3
長谷川穂積
ファン・カルロス・ブルゴス

ボクシングの前後の記事

ページトップ