Number on NumberBACK NUMBER

問われる「チーム力」。
~世界陸上での苦戦を生かせるか~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/09/25 06:01

問われる「チーム力」。~世界陸上での苦戦を生かせるか~<Number Web> photograph by Getty Images

新谷仁美は、今年のモスクワ世界陸上1万mで、レース終盤まで先頭を走る積極的なレース展開で5位に入賞した。

 世界陸上が終わって、福士加代子が女子マラソンで久々の銅メダルを獲得、1万mで新谷仁美が5位、棒高跳で山本聖途が6位、20km競歩でも西塔拓己が6位、そして最後に男子マラソンで中本健太郎が5位と、日本陸上界は、今後さらに上位を狙えそうな選手が結果を出した。

 だが日本選手団全体を見渡すと、予想を下回る成績に終わった選手のほうが多かったことは事実だ。7月末から8月にかけて行なわれた世界水泳の日本代表と比べると、陸上の場合、自己ベストはもちろん、今季ベストにも及ばない成績で終わった選手が目立った。水泳の日本代表は、世界大会で自己ベスト、今季ベストを出す選手が多い一方で、陸上の日本代表は、世界大会になると記録を落とす選手が多い。今年の場合、両者の実情はどうなっていたのか、詳しく見ていこう。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

新谷仁美
福士加代子
飯塚翔太
室伏広治
山本聖途
西塔拓己
村上幸史
高瀬慧
海老原有希
紫村仁美
福島千里
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ