SCORE CARDBACK NUMBER

「30-30」を達成した
ラブの次なる目標とは。
~NBA28年ぶりの快挙と3つの教え~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2010/11/30 06:00

「30-30」を達成したラブの次なる目標とは。~NBA28年ぶりの快挙と3つの教え~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

今夏の世界選手権の米代表にも選ばれるなど、NBA入り3年目で真の実力を発揮し始めた

 ケビン・ラブ(ミネソタ・ティンバーウルヴス)が高校生だった頃、元NBA選手の父からよく言われていたことがあった。「ゴール近くに行けないときは、ボールをゴールに向かって放り上げてリバウンドを取ればいい。モーゼス・マローンがやっていたように」。

 そんな父の言葉を思い出したのは、ひとつの記録を作り、マローンら一流選手の仲間入りを果たしたからだった。11月12日のニューヨーク・ニックス戦で31得点、31リバウンドと大活躍。NBAの試合で得点、リバウンドともに30以上あげる選手が出たのは28年半ぶり、史上19人目の快挙である。この記録を28年半前に達成したのがマローンだったのだ。1試合30得点は珍しくないが、30リバウンドは簡単ではない。それ自体が、14年ぶりの記録なのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 576文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年特別編集欧州サッカー回顧録伝説はいかにして創られたのか。

関連記事

ケビン・ラブ
ミネソタ・ティンバーウルヴス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ