SCORE CARDBACK NUMBER

攻守の完成度は抜群、
優勝が見えたグランパス。
~ストイコビッチのブレない舵とり~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byHiroyuki Setsuda

posted2010/10/16 08:00

攻守の完成度は抜群、優勝が見えたグランパス。~ストイコビッチのブレない舵とり~<Number Web> photograph by Hiroyuki Setsuda

グランパスは20節以降、負け無し。唯一引き分けた23節は、金崎夢生が後半に同点ゴール

 このところ、毎年のように「混戦」と形容され、最終節まで優勝争いがもつれるJ1だが、どうやら今年は、すんなり優勝が決まりそうな気配である。

 18節を終えて首位に立った名古屋が、積み上げた勝ち点は54(25節終了時点。以下同じ)。2位以下が日替わりでもたつき、団子レースを繰り広げているすきに、2位との勝ち点差は9まで広がった。

 名古屋には一昨年、同時期に首位に立ちながら、3位鹿島に逆転優勝をさらわれた経験がある。だが、当時の48を上回るハイペースで勝ち点を重ねている今年は、同じ首位でも裏付けに差がある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 619文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

プロ野球ドラフト秘話。1965-2010

Sports Graphic Number 764

プロ野球ドラフト秘話。1965-2010

 

関連記事

名古屋グランパス

Jリーグの前後の記事

ページトップ